Copyright © 2015 wattoon. Powered by Blogger.

SunnySide Cafe x wattoon! ④

2015/01/22

SunnySide Cafe x wattoon!

さてさていよいよ落書きイラスト本番です。

マーカーは結局手軽に扱えて発色もいいPOSCAにしました。

制作過程をタイムラプスでドゾ。



こんな感じになりました。






















ついでにガラスに営業時間など。


様子をみながら今後描き足してもいいねという話もありまだ落書き増えるかもです。
ひとまず第一弾としては完成です。



↓以下お店情報

SunnySide Cafe

東京都目黒区上目黒1-4-2 惣秀ビル 1F
03-3716-1451

open 8:00 pm ~ last 4:00 am (不定休)


サニサイはお酒が本当においしいです。
お近くにお越しの際は寄ってみてくださいませ。

SunnySide Cafe x wattoon! ③

2015/01/16

SunnySide Cafe  x wattoon!

さて案も固まってきたので合成テスト。
こんな感じになる予定。






















壁に直接描くのでどの画材が適しているのか
アクリルを筆、マーカーでも太さや染料、顔料の違いで数種描いてみました。



店の営業の都合もあるし、筆は時間が掛かるので今回はマーカー系でいいものをピックアップします。


SunnySide Cafe x wattoon! ②

SunnySide Cafe  x wattoon!
続きです。


提案させていただいた中で気になったものをピックアップしてもらいました。


「Lyrics」 
マスターの好きな歌をタイポグラフィで。























「Skelton wall」
壁の向こうは目黒川の桜です。
こちらは後々イベント的にプロジェクションマッピングにしたいなぁというのもあってサンプルムービーも作成。





「3D Planter」
3Dプリンターで出力するアナモフィックアート兼プランター。
こちらも平面だと分かりづらいのでサンプルムービーも作成。




「Fake chalk Art」
チョークアート風の手描きイラスト。
























「Free Hand」
で一番気に入ってくれたのがこのゆる~いイラスト。


























さてさて固まってきました。


SunnySide Cafe x wattoon! ①

2015/01/09

SunnySide Cafe  x wattoon!

今年で9年目を迎える中目黒のダイニングバーSunnySide Cafeさん
写真撮らせていただきました。





















↓で、ひょんなことからこちらの壁を何とか出来ないかというお話をいただきまして、夜な夜なアイデア出しに通っております。


Maker Faire Tokyo 2014

2014/12/01


















































来場してくださった皆様ありがとうございました!

途切れることなく多くの方に声をかけていただけて
一同作って良かったなぁとしみじみ思っております。

今回はガレージ X spirot X 研究装置を作る会という形で出展させてもらいました。

研究装置を作る会は研究用途にマッチした装置を
DIYで作るという活動をしています。

元々作る会が開発していた植物育成装置を
我々映像、デザインの人間が関わることで
違う目線、アプローチからre:makeしようというのが始まりです。

今回の植物育成装置の用途は
実験用植物などを、温度・光・湿度条件を管理した状態で育成し
研究に必要な様々なパラメーターを得る為のもので
3色のLED、水の循環、水温、湿度などをArduinoで制御、モニタリングしています。

そこでガレージタカイ氏、山田Pと共に
我々が組むことでどんなことが可能かとブレストを重ね

・研究装置を自室に置いておくことも多くデザイン性を高めたい。
・実際に触りながらコントロールできるユーザビリティの向上。
・というか単純にカッコいい、触ってワクワクするような装置作ろうぜ。
・機能を切り替えられる機構が欲しい。
・カメラやスマホで定点撮影出来る様にしたい。
・ゆくゆくはネットワーク経由でデータ管理

などなど色々なアイデアを積んでいき

映像、デザインで生きてきた人間としては入り口を司りたく
モノ自体が見ていて触っていてワクワクするものであって欲しい。
Makerとしては皆が柔軟に裾野を広げていけるような想像が膨らむモノでありたい。

そんな想いでwattは筐体デザイン、プロモーションムービーなど作らさせていただいてます。

今回はほぼモック状態のコンセプトモデルとしての出展でしたが
やはりルックがアレなもので音鳴らないの?と多くの方に質問を受けました。

後、レタス育ててたのもあって
途中取材に来てくれたSimonが"sallad synthesizer!?"って言ってたのが面白かった。
うまそー!食べたい!!って。ポップな言葉を紡ぐのがホント上手。

普段やっている映像、デザインの分野から
学術、メディアアートの方々と出来ること。

期せずしてハッカー、ヒップスター、ハスラーな構成員でスタートアップ感もあり
CGを始めたときの雰囲気と似ていて新しいことが起きそうでワクワクします。
こういう関わり方は大歓迎。是非何かやりましょ。

今回はコレ自体の商品化などは考えておらず
データも公開する予定ですのでまたお知らせします。

re:make

2014/11/06

ガレージタカイさんと何かやろうぜ!つって早一年。

Maker Faire Tokyo 2014出展しますよ。


ガレージ X spirot X 研究装置を作る会コラボという形で
タカイさん、watt、山田Pの3名で夜な夜な中野に集い。。。

・部屋に置いておきたい実験装置ってどんな?

ということで、
研究装置を作る会の植物育成実験装置の構造を生かして外装デザインをすることに。

本来の目的である機能性もある程度向上させつつ、
硬く考えずに一つの枝葉としてアリなものを作りましょうなノリで考えてます。

んで、まず完成した形を共有したかったのでプロモーション作ってみた。




今回はガレージのレーザーカッター使って(タカイさんが)工作。
























レーザーカッターいいよねー。楽しい。
MDFで試作してみたり

























絶賛製作中でございます。




Macro⑤

2014/07/17

虫を撮るのに虫よけスプレーをすべきかのジレンマに陥ってる今日この頃。
こんにちはwattです。

さて今までの検証を踏まえてマクロ動画を撮影しました。

1080HDです。ライブビューグレーディングAPPのシネマプリセットを使って撮影後
LOOKSで簡易グレーディングしてます。




NHK教育っぽいw

今回はα6000でS-Planar  60mm+テレコン前回制作した虫の目を使って撮影してます。


5倍のレンズも出てますが実際フィールドに出ての動体撮影だと
現状の3倍でもピント含め相当シビアです。

基本は虫の動きを予測しての置きピンになります。
置きピンも彼らがまっすぐ歩いてくれるわけではないので
よく通る「通り道」を探して待つか、ファインダーを覗きつつ三脚ごと移動させて、
虫の動きのちょっと先に陣取るかで大体は撮影しています。

しかしα6000で虫の目をつけてもAFが効いてくれるというのは予想外でした。
ダンゴ虫をある程度フォローフォーカスしてくれるとかw

 

Most Reading

spirot inc.

http://www.spirot.net
東京都渋谷区渋谷東1-13-1-201
03-5787-7858
info()spirot.net

Follow on FB

サンドアート、StopMotion等のアナログ表現をはじめ様々な手法で映像やデザインの制作をしています。

Blogger news