Copyright © 2015 wattoon. Powered by Blogger.

フランケン ボディとか

2012/08/27



















まず、こんな感じでプロポーションを実寸の2D上でこねてから

製作していきます。

ここにシャフトの長さや注意事項など書き込んでいって
完成予想図兼組み立て図として
実際に参照しながら作業を進めます。

ボディの製作は川村さんのアーマチュアを
ベースに作ったので割愛します。


で、問題の衣装作り。
















結局普通に型紙から起こしてミシンで作ることに。



















紙で型紙を作ってはテープで仮止めし、

程よいシルエットになるように調整していきます。

型紙が出来たら布地にMITSUWAのペーパーセメントで仮止め。
写植の時代にレイアウトするのに使ってた奴です。
跡が残らないのと程よく接着してくれるので丁度いいです。
20年ぶりに買いましたw

で紙ごと5mmの縫い代を取って切ります。
















で紙が付いたままミシンで縫う。
小さくて薄い布はそのままじゃ縫いづらいので
紙が付いてると縫いやすいです。
後ではがすのちょっと面倒だけど。

















着色もしました。
今回はサーフェイサー吹いて
あとはファレホを筆塗り。さくっと。

















カットソーも作りました。
こっちは端の始末を縫うだけでなく木工用ボンドと併用してます。
なんかオッスな感じで。



今回一番時間かかったのは生地を探すこと。
マルナンいったりユザワヤいったり100均漁ったり。
とにかく1/6で使える生地が少ない。。。。
織りの粗さだったり、薄さだったり。

結局生地よりも流用できる製品で探したほうが早かったり。
普段から探しておかないといざという時困るもんです。










フランケン 型取り

2012/08/19



出来たヘッドの型を取ってキャスト置換。

















ジジイ(フランケン)の顔をほいく粘土に埋めて
ブロック積む。

シリコン量の算出

70mmX60mmX60mm 252ml

ついでに手も型取ります。

シリコン量の算出

80mmX60mmX30mm 144ml

計396mlなので
片面あたり200mlづつ流しましょうかね。

最近微妙に暑いので

100:3で

200:6 混ぜます。


















泡をトントンするのにハイパーオリンピック方式を導入(けっこう楽しい)


~中略~


出来ました。白ジジィ。
















さてボディをやらニャー。


フランケン 再開

2012/08/17

スーパーアーマチュアクリエーター
川村さんのSM005が手に入ったので
フランケンを再開します。

顔を適当に作った割には1/6サイズではまりそうなので
ディティールアップします。

今回はフェイシャルアニメは考えていないので
後はキャストに置き換えてから色々いじる予定。

問題は服だなぁ。



 

Most Reading

spirot inc.

http://www.spirot.net
東京都渋谷区渋谷東1-13-3-5F
03-5787-7858
info()spirot.net

Follow on FB

サンドアート、StopMotion等のアナログ表現をはじめ様々な手法で映像やデザインの制作をしています。

Blogger news