Copyright © 2015 wattoon. Powered by Blogger.

X4 Magic Lantern

2013/10/29

BMPCをキャンセルした勢いでSONYのα7Rを予約してしまいましたが。。。
例のごとくレンズが全然ナイ。しばらくY/Cツァイスで遊びます。

なんでもRAW動画収録できるファームが年明けに出ると中の人からリークがあったみたいで。
ホントならすごいけど転送速度とかどうするんでしょー。
なんか来年α上級機やらGH4やらも4K動画対応になるそうで。
楽しい年になりそうな反面悩ましいすね。


さてさてそれまで他のカメラをいじり倒そうと思います。
EOS 6D購入後すっかり影の薄くなったKISS X4に
Magic Lanternというカスタムファームウェアを入れてみました。












SDカードから起動し、キャノンのファームと一緒に動作するので
カードを抜いてしまえば元に戻るという代物。
リスクが少ないので気軽に試せます。


■Magic Lantern+X4でできる事
・フォーカスアシスト
・露出オーバー・アンダー部のゼブラストライプ表示
・ヒストグラム・スポットメーター
・オーディオメータの表示
・単体でTimelapse撮影、8時間まで(!)のバルブ撮影
・マニュアル音声ゲイン、オーディオフィルタ
・AVジャック経由のヘッドホンモニタリング
・ISO感度・シャッタースピードの詳細設定
・クロップマーク(16:9・シネマスコープ・魚眼)
・高ビットレート撮影

などなど。
欲しかった便利機能が盛りだくさん。

以下インストールガイドを適当翻訳。
#因みにX4は海外ではCanon 550D / T2iと呼ばれていますので注意。

■ステップ1
カメラの準備

・バッテリーを完全に充電してください。
・カメラからバッテリーグリップや外付けフラッシュなどのアクセサリーを取り除いてください。
・ファーストインストールのために、シンプルなSD/SDHC/CFカード(32GB以下)を使用してください。64GBのカードもしくはより大きなカードは、ファーストインストールでは動作しないでしょう。
・カードリーダーを用意してください。
・キヤノン・ファームウェア・バージョンを再確認してください。(おそらく最新のVersion 1.0.9でOK)





・マニュアル(M)へモード・ダイヤルをセットしてください。












#カメラはデフォルトのセッティング(カメラ設定を消去)に戻してください。
Canonのセッティングとカスタムピクチャースタイルは全て削除されます。

■ステップ2
設置

・カメラに入っているカードをフォーマット(ローレベルフォーマット)してください。
・Magic Lantern zipファイルをカードのRootにすべて解凍します。
・(カードを挿入し)ファームアップ・プロセスを始めてください。












・もしブラックスクリーンやカードLEDが点滅し続ける場合は、リンクからキヤノン・ファームウェアを上書きし(もし最新のバージョンを保持していても)、再度試してください。
・緑の画面を確認し、カメラを再起動すれば完了です。








































ファームの確認をするとMagic lanternファームウェアが表示されました。






ゴミ箱ボタンを押すとmagic lanternが起動しますよ。




















0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。

 

Most Reading

spirot inc.

http://www.spirot.net
東京都渋谷区渋谷東1-13-3-5F
03-5787-7858
info()spirot.net

Follow on FB

サンドアート、StopMotion等のアナログ表現をはじめ様々な手法で映像やデザインの制作をしています。

Blogger news